05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.28 (Sat)

相剋(そうこく)関係 

以前、相生(そうしょう)関係について書きましたが、もう一つ五行(ごぎょう)を考える時に欠かせないのがこの相剋(そうこく)関係です。


剋(こく)すというのは、支配する、勝る、抑制するという意味があります。


相生(そうしょう)関係が生かす循環だとすると、相剋(そうこく)は押さえ込む循環なのです。五行(木火土金水)の関係はこの二つで成り立っています。


以前の相生(そうしょう)関係では、木は、火を生むのに役立ち、火は灰になってやがて土となり、土は鉱物(金)の元となり、金属は冷えて汗をかくと水滴となり、水は植物を育むと書きましたが、


この相剋(そうこく)関係では、木は土の養分を吸い上げて土を弱くし、土は水をせき止め、水は火を消し、火は金を溶かし、金は木を切る事ができる と考えます。


面白い物で、東洋医学では、この様なものの関係性を見るときにもプラス循環、マイナスの循環と、陰陽の考え方が(分類の仕方虚実)入っているのです。


因みに図で書くとこの様になります。


相剋関係blog

同じ要素があっても考え方次第でプラスの循環になるかマイナスの循環になるかは変わるのです jumee☆faceA195f





千葉県千葉市の鍼灸院  はり きゅう 一水堂




にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ





スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

タグ : 千葉市 鍼灸 針灸 ぎっくり腰

01:02  |  東洋医学について  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

BBS7.COM
MENURNDNEXT

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://issuidou.blog40.fc2.com/tb.php/30-c3577333

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

:千葉市:鍼灸:腰痛:はり:ツボ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。